最近、中国や台湾などの国々から大型クルーズ船で数千人の規模で観光客が日本の港に降り立ち、日本での旅行を楽しむ現象が多くなりました。

これからは旅行関連産業も経済の柱になりそうです
このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE
これからは旅行関連産業も経済の柱になりそうです

これからは旅行関連産業も経済の柱になりそうです

最近、中国や台湾などの国々から大型クルーズ船で数千人の規模で観光客が日本の港に降り立ち、日本での旅行を楽しむ現象が多くなりました。彼らは、日本で多くの商品を買い求め、爆買い現象が起きました。結果的に、日本の経済に大きく寄与しました。

産業発展の要素として捉えると、大型クルーズ船は日本で建造されており、世界的に売れれば、造船業界に寄与できます。国内では、ホテルや宿泊施設の業界が潤います。旅行業者や交通機関が潤います。バスや新幹線、航空機は増発、増産へとつながります。

おみやげ店や、家電製品を扱う店舗が繁盛します。このように、海外からの観光客が日本に来ることで様々な産業が潤います。また、ラーメンや寿司などの日本食に人気があり、食材を扱う食材産業やラーメンや寿司などを提供する専門店が潤います。店も増え、雇用人員も増え、職業の活性化が期待できます。英語や中国語、韓国語で案内するガイドが多く必要とされるので、語学塾が繁栄します。このように、海外からの観光客が多く押し寄せることは、結果的に経済の発展につながり、経済発展の柱になるものと考えられます。国内の家電製品メーカーは更に人気のある商品の開発を行う機会に恵まれます。人気商品が出ると爆買いが進みます。経済の好循環が生まれます。